So-net無料ブログ作成
小説書き ブログトップ
前の5件 | -

小説を書くってなんだろう……後編 [小説書き]

あいやぁ、今年1月に書いていた記事、
中編までで放置しておりましたなぁ。Σ( ̄ロ ̄lll)ゲゲーン★
いやぁ~ん、忘れてたぁ(〃∇〃)アハッ って、ウソです[バッド(下向き矢印)]
ずっと引っ掛かっていたのですが、打つ気が起きませんでした。
今、お絵描きにシフトしているのは、小説からの逃げもあるのかな☆
(ウソやん、赤髪の兄ちゃんが描きたいだけやろう~[あせあせ(飛び散る汗)]

あっと言う間に前回から約八ヶ月経ち、
前編中編に書いた関連トピの中で、消滅したトピもありましたし。
今更、出入りもしていない、カテ・トピの話をしても仕方ない。
というか、関わりもなく、向上心もないモノ書きが、
どうなろうとどうでもいい、というのが本音かな。

じゃあ何故、今頃このタイトルで書くのか?

人の事よりも自分が大変[もうやだ~(悲しい顔)]
小説を書こう気持ちが湧かない(ノ_・。)クスン
(お前、お絵描きにシフトし過ぎ[むかっ(怒り)] バキッ ( - -)=○(0°o°) ハウッ)
いや、冗談抜きで、書く気が起きない。
ブログ2号(これもソネブロなので遊びに来てね・笑)を立ち上げる時に、
サイトに小説も二作上げる予定をしていましたが。
一作しか無理か、と思っていたらとんでもない★
結局、二作とも書き上がらないままで、今日に至ってます[バッド(下向き矢印)]orz
ネタが無いワケではないのに、書き上げきらない。
ファイル開く気にもならない。
「習作で書いているのだから、取り敢えず形にしちまえよ」
と自分でも思うのに、
「なんか、つまんなさそう」と書き進められない。

若い頃の、ネタ思いついたら、勢いだけで書き上げていた。 
あの情熱[どんっ(衝撃)]というか、怖いもの知らずというか、
当時に戻りたい。o(´^`)o ウー

昔はワープロも持ってなくて、広辞苑を傍らに、
ルーズリーフに手書き[ペン]で、何回も書き直しながら書いていた。
手書きで書き直すのが大変だから、
言葉選びには、今以上に神経を使っていたかもしれない。

あの頃私は、何故あんなに頑張って書いていたのか?
「文芸部の仲間に、面白がってもらおう!」
このたった一つの思いだけで書いていたような。
同学年に男も女もいたのでね、
どっちの性別向けにと偏るのではなく、
もぉ、とにかく「奴らに面白い、って言わせてやる」って、
その一途な思いだけで書いていたんだなぁ。

今はどうだ? 今はどうなんだ、自分。
特に誰という相手もなく、ダラダラ書いているだけ。
そうではないのか? 自分。
なんか誰かに面白がってもらおう、
という情熱が無くなったのではないのか? 自分。
惰性で書いているだけではないのか?
そんな書き方なら、一層、書かなきゃあいいんだ[exclamation]
書く必要がないんだ[exclamation×2]

これが歳を取った、という事なのかな[もうやだ~(悲しい顔)]

今、自分にとっての「小説を書くこと」を見失っている気がします。
でも今までにも、7年くらい全然書かなくなった事もあるし。
今回、またブランク期に入ってしまったのかもしれない。
それでも去年、長崎に二回行ってまで書こうと思った話、
それくらいは来年の春に間に合うように書き上げたいのだけれども……
なんか、肝心のストーリーについてのオリジナリティが足りなくて、いま一つ。
気が乗らない。
キャラは気に入ってんだけれどもなぁ。
何か、こうビックウェーブがやって来ないカナァ……

結局、未だに「小説を書くってなんだろう」の答えは見つからない[end]
nice!(17)  コメント(32) 

校正と感想と指摘と批評と批判と [小説書き]

あいやぁ、マイカテゴリーを「小説書き」にしていますが、小説ではなく仕事の話

年度末が近付き、付いている技師(以下ボスとしょう・笑)から、
「報告書原稿を、一人一度は目を通してチェックするように」と先日指示が残されていた。
ボスは現場に行くので、会う事が滅多にないっスよ。
下っ端新人なのに「本読んでいるから得意そう」と、一番初めにチェキする事に★
確かに短い昼休みに、チマチマ時代小説本を読んでいますがね……orz
何をどうしていいのやら★ 専門的な事はさっぱりわからないってのに★
仕方ないので、「目次とページを合わせ」と、文章チェックしたっス。
それすらどこまで手を出していいのやら★
私としてはかなり自重して(笑)、付箋を貼ってカキコしていった。
先輩から「うわ、細かっ。いやいいけれど。なんて細かい奴なんだと思われるよ」
「ムカっとか来るかもしれないよぉ」とか言われつつ~
更にボスのボスのボスの~(どれくらい上か知りません・笑)、
方が前書きに書いていた文章の間違いにも、付箋貼り(怖いもの知らず・笑)。

先輩達もチェキした翌日、付箋チェキについては何も言われずに、
図やスケールも見てね、の新たなる指示が。
新たな指示については先輩がしていましたがね。
更に翌日、天気が悪かったので、ボスが現場に行かずに登場(滝汗

でも、うちのボスは大らかな人だったっスよ、「指摘してもらっていいよ~」みたいな。
「但し、上の人の文章はそっちでチェックして来るので、どうしょうもない」と言われました(笑)。
いやまぁ、私が恥を掻くわけではないのでね、別に構いませんよ(こらこらこら・笑)。
取り敢えず、今年度のはもう一つ報告書があるようなので。
そっちも気付いたら、即付箋カキコしますよ、フッ☆
というワケで、これ自体もまだ二稿くらい来るようですから、目を皿の様にして頑張りますよ。

そう、これは「校正」なのですよね。感想や批評とは違うのですよね。
専門的な事が書かれているので、素人にはなかなか中身はわかりませんしね。
大学で勉強し専門家として仕事をするボス。
文章専門家ではないけれども、付いている下っ端からとやかく言われるのは、
さぞかし心外だろうね、とみんなで言っていたけれども、全然ケロリとされていた。
スケールについても、先輩が決定的な間違いを見つけたら、
(貼り間違いは今休みに入ってる、別の付いている人間の間違いなのだけれども)
「よく見付けましたよね」とかアッケラカンとされていたし。
これが別のボスだったら、大変だったかもしれない★(><)
器の違いってなものなんだろうナァ。
今のボス付きで、オイラはラッキーだったわい

で、私はネット小説(以前は同人誌も)とか拝見する時に、
「校正」と「感想」と「指摘」を混ぜているようなモノを送っているワケなんですがね。
それを受け取って食って掛かる人は、
「校正」と「感想」と「指摘」と「批評」と「批判」の違いをわかっていないのでしょうね。
だから何もかも、「批判」と一括りにして吼えるんだろうな……
つまり、意味の違いを理解していないんだなぁと、
そういう方に何を説明しても通じるはずはないよねぇ、としみじみしたのでした。

●校正・・・(1)くらべ合わせて、文字の誤りを正すこと。きょうせい。
      (2)校正刷りと原稿とを照合するなどして文字や内容の誤りを正し、体裁を整えること。
       版下や原画との照合についてもいう。
●感想・・・あることについて、感じたり思ったりしたこと。所感。感懐。
●指摘・・・全体の中から、ある特定の事柄を取り上げて示すこと。                 

●批評・・・事物の善悪・優劣・是非などについて考え、評価すること。
●批判・・・(1)物事の可否に検討を加え、評価・判定すること。
       (2)誤っている点やよくない点を指摘し、あげつらうこと。
       (3)〔哲〕〔(ドイツ) Kritik〕人間の知識や思想・行為などについて、
         
その意味内容の成立する基礎を把握することにより、
         
その起源・妥当性・限界などを明らかにすること。
●添削・・・(1)他人の詩文・答案などを、語句を添えたり削ったりして直すこと。
         
斧正(ふせい)。添竄(てんざん)。
       (2)書道で、朱筆を加えて直すこと。

   so-net検索辞書三省堂提供「大辞林 第二版」より】
 
※コメントを頂戴して、「添削」という語句を思い出しました。ついでに追加しておきます、てへっ。
   ありがとうございました


さて、二月になりましたね。早いもんだ~
結局、先月の時代小説読書は5冊止まりでした★orz
八冊は読むつもりだったのに~ 
休みの日は寝込んだりして…… 全然ダメだった。
今月は29日までだし、更に少なくなりそうな予感
まぁ、仕事が入っている月なのでしょうがないか、アハハハハ(こらこらこら)。
去年の仕事月は、二冊と0冊だったので、少しは進歩したかな? にゃはははは。
取り敢えず、読みかけのをさっさと読んでしまわなくては。
まぁ、こんな感じで初っ端からヤバイっスな


nice!(7)  コメント(12) 

小説を書くってなんだろう……中編・下 [小説書き]

全ては私が、莫迦でアホアホでお節介でお人好しだから悪いのです orz
サブタイトル「自己嫌悪の年末年始」

続きを読む


nice!(7)  コメント(20) 

小説を書くってなんだろう……中編・上 [小説書き]

昨日の更新時にソネットどんには悪いけれども、広告非表示にしたらすっきりしたv
さて、前回といい今回といい、創作関係について語るハズが、微妙にずれていますが。
全く「小説」創作に関係がない★ というワケではないのでね へへへ。
某所での削除・引越し・撤退の理由と、年末年始に凹んだ理由をば。
今年は六星占術では、私め「我慢の年」らしいのですが。
某所では我慢して黙って消えたので、自ブログぐらいは吐き出させてくださいよ
以下、こういうのが嫌いな方の目に触れないように、「続きを読む」機能発動。
(で、新着やテーマ一覧とかでタイトルクリックすると、機能しない機能・もぉいいって・笑)
いや、昨日のもこれもテーマには入れてませんから、大丈夫。
サブタイトル「パロとパクリとリスペクト、違いは何?」

続きを読む


nice!(5)  コメント(8) 

小説を書くってなんだろう……前編 [小説書き]

久々に「小説」創作について、気合入れて記事を書こうと思います。
初期からお付き合い頂いている方は、私のブログはサイトの日記コンテンツの一つで、
しょっちゅう小説創作関係について、徒然と書いていた事をご存知のハズ。
まぁ、その時の気分で記事を書くので、小説についてだけではないのですがね。
マイカテゴリーも今では14項目あります…… まだ増えるかもしれない てへっ。

あまり小説関係を書かなくなったのは、2006年6月のある事がきっかけでした。
2008年になりまして、ここで封印を解こうかなぁと。
以下、今までは敢えて使わなかった「続きを読む」機能発動★
(もっとも、テーマや新着一覧でこの記事に直接クリックの場合は、機能しない機能さ・笑)
サブタイトル「粘着殿の願いは何?」

続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 
前の5件 | - 小説書き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。